80年代のアメリカを感じられるファッショングッズ -メンズ編-

80年代のアメリカのディスコ

ぽむんすた

80年代のファッションって、クセがあるけどカッコいいなあ・・・。

80年代のアメリカのファッションって、なんとなく懐かしくてかっこいいと思いませんか?

ダサいようでいて、やっぱりかっこいい。

そんな風に共感してくれるあなたのために、この記事を書いてみました。

当時誰もが憧れた、80年代の俳優やアーティストのファッションを参考に、

80年代のアメリカを感じることができるファッショングッズをご紹介していきます。

80年代の髪型:リーゼント

皆さんはこちらの映画をご存知でしょーか?

当時一斉を風靡していたアーティスト、オリヴィア・ニュートン・ジョンと、

注目を集めていた俳優、ジョン・トラヴォルタがスクリーン上で夢の共演を果たしたのがこの傑作映画です。

80年代(正確には1978年の映画ですが)らしい、若者たちの熱く甘酸っぱい青春映画として多くの若者たちの心を鷲掴みにしました。

この映画の中でジョン・トラヴォルタはワルなチームの男を演じましたが、何より注目を集めたのがその”髪型”でした。

(https://www.youtube.com/watch?v=itRFjzQICJU)

いわゆる【リーゼント】と呼ばれるこの髪型は、当時の日本人にも大流行しました。

アメリカではグリース(映画のタイトル)とも呼ばれていますが、日本では【ポマード】として流行しました。

昔のポマードは湿気に弱かったため、崩れるたびにクシで押さえつけていたんですが、

時を経た今では湿気にも強く【ほぼ崩れない】ポマードも誕生しています。

これは実際に僕も試しましたが、とにかく湿気に強く一度決めたら朝から晩までビシッ!と決まります。

ポマードらしく、一度シャンプーをしたくらいでは落ちないところが玉にキズですが、

とにかくキメたい時には大活躍してくれるのが、このポマードです。

ちなみにこの黄色のポマードはミディアムですが、さらにハードに決めたいならこっちです。

80年代のアメリカの靴:NIKE

80年代を代表する名作中の名作映画がBTTF。そう、バックトゥザフューチャーです。

その劇中でマーティ・マクフライが履いていた靴が、NIKE BRUIN(ナイキ ブルイン)と呼ばれるスニーカーです。

(https://people.com/movies/back-to-the-future-how-michael-j-fox-became-marty-mcfly-eric-stoltz-didnt/)

スクリーンの中を所狭しと走り回る、マーティの足元にはいつも赤いナイキのマークが輝いていました。

現在ではこの靴はなかなか手に入れることはできませんが、同じくNIKEのコルテッツならほぼ同じシルエットが手に入ります。

これさえ履けば、あの頃のときめきが蘇る!・・・かもしれません。

しかもレザーだから、比較的長く履き続けることができますよ。

80年代アメリカの音楽:エナジーに満ち溢れた名曲たち

ファッションではないんですが・・・80年代といえば音楽に触れずにはいられません!笑

ここでは無駄な文字数を費やすよりも、実際に聞いてもらいたいと思います。

まずはQueenの名曲、【Born To Love You】です。

かつて木村拓哉さんが主演した月9ドラマ「プライド」の主題歌としても、知っている人も多いのではないでしょうか。

フレディ・マーキュリーの力強くてポジティブな歌声に、心が揺さぶられます。

次はHuey Lewis and the Newsの【The Power of Love】です。

最近では新しい地図の香取慎吾さんと稲垣吾郎さんが出演している、

サントリー「オールフリー」のCMでも採用されていますね。


とにかくパワフルで、いかにも80年代!というこのサウンドは、なんだか元気にしてくれますよね。

この2曲を含む、80年代の名曲たちをギュッ!と詰め込まれたCDが、こちらです。

ご紹介した2曲の他にも、ヴァン・ヘイレンやマドンナを含む全36アーティストの曲が収録されていますよ。

マジでオススメです。

目元にはRayBanのサングラス

80年代のアメリカで大流行したのが、アビエイターサングラスです。

アビエイターサングラス

https://www.pinterest.jp/pin/133067363976465235/

ちなみにその火付け役となったのが皆さんご存知トム・クルーズであり、またトップガンという名作映画でした。

ちなみにこのRayBanのアビエイターサングラスの【アビエイター】は【飛行機のパイロット】を意味しており、

実際にアメリカの軍隊に正式採用されるほどの高品質が認められていました。

トムクルーズ

https://www.cosmiceyewear.com/products/tom-cruise-maverick-top-gun-aviator-sunglasses?variant=36789080008

さらにはマーヴェリック役で海軍のパイロットを演じたトムのかっこよさも相まって、

このRayBanのアビエイターサングラスRB3025(58mm)は当時大流行しました。

流石に飛行機は操縦できないですけど、せめて車に乗るときにでも身に着けたい一品。

こんな記事もあるよ

本当にまだまだ数え切れないほど、80年代のアメリカを彩ったアイテムはキリがないくらいにあります。

これからも何かのタイミングで見つけたら、こっそりここに追加していこうと思ってますよ。笑

ちなみにこんな記事もあるので、ぜひ見てみてください!

コメントを残す