地方都市に移住したい人にオススメしたい新サービス【2019年最新情報】

地方移住したい人にオススメ

新しい風が吹いてる感じがする。どーも!ぽむんすたです。

この記事を読み始めたあなたは、きっと

「地方移住してみたいけどどこかオススメのとこはないかなあ」とか、「地方移住したいけど実際不安だしなあ」と思ってたりしませんか?

まあ地方から出てきた人がUターンするならまだしも、JターンやIターンの人なんて特にそう思うんじゃないかなあ。

 

とまあ、そんな風に思っている人にぜひともご紹介したい、今までにないスンバラシイサービスができたみたいなので、ご紹介していきたいと思います。

このサービスはあなたの地方移住へのハードルをググっ!と下げてくれるかもしれませんよ。

それじゃあ、早速始まりまーす!

地方移住への不安を解消する方法

って一体なんなのか。

ぽむんすた的な地方移住への不安を解消する方法は、【地方に住む事】です。

・・・わかりますよ、わかるなあー。「言ってる事矛盾しとるやんけ!!!」って言いたくなりますよね!笑

 

でもそれが簡単にできるサービスが、今回ご紹介したいオススメサービスなんです。

いきなり地方に移住しようとしても、結構不安じゃないですか? 仕事はあるのかなとか、給料安くなりそうだなとか、地元の人とコミュニケーション取れるのかなあとか。

じゃあそれって、ネットで情報を集めたり、人の話を聞くだけで済ませちゃっていいんでしょうか・・・それもそれで悪くはないけど不安はさらに増えそう・・・

そこらへんがいっぺんに解決できそうなのが、このサービスです。(下へどーぞ!)

コリビングサービス

皆さんはコリビングサービスって知ってますか?(僕は数日前に知りました。笑)

簡単に言うと、コワーキングサービスの住まい版です。(Weworkっていうサービス、最近有名ですよねえ)

 

それでもわからない人にご説明すると、地方などで空家となっている家を購入または借りてリノベーションし、そこにWifiや共同スペースなどの設備を整えて複数人の住居として貸し出すというサービスです。

イメージでいうとこんな感じです。

コリビングシステム

https://address.love/

どんなサービスなの?

それじゃあもう少し深掘りしますね。

今回は今一番話題になっている、ADDressさんを例に取ってご紹介したいと思います。

ADDress

できる事:月額4万円で日本各地の拠点に泊まり放題

費用:光熱費込み4万円のみ

設備:リノベーション済み住居(家具・家電・Wifi・コワーキングスペース・アメニティ有り)

泊まれる場所:

2019年4月に予定されている、サービススタート第1期の住人の皆様には、東京都心から1〜2時間程度の物件を、5カ所以上ご用意する予定です。候補地は房総、真鶴、湯河原、小田原、熱海、伊豆、三浦、大月、勝沼、益子、軽井沢、箱根、葉山、湘南、身延、みなかみなど。スタート以降、順次追加していきますので、どうぞお楽しみに。

とのこと。

すごくないですか?笑 たった4万円で、日本各地にある住居に泊まり放題!しかも光熱費等含まれているので、食費くらい負担すれば生活できる・・・!

とはいえ、このサービスはまだスタートしておらず、2019年4月から30人限定でテスト的にスタートするようです。

早くスタートしてくれないかなあ。。

コリビングサービス×地方移住

この組み合わせは、きっとコリビングサービスの提供者からするとまだ想定していない流れかもしれないんですが、、、

ぽむんすたとしては、コリビングサービスを

地方移住のプレ体験サービスとして使う

というのも面白いかなあなんて思っています。

例えば、宮城と兵庫と宮崎と静岡のどれかに住みたいと思っているとしたら、月額4万円だけでその全ての地域に1週間ずつ滞在するということができますよね。

その土地土地の人と実際に出会ったり、話したり、情報交換したり、イベントに参加したりすることで、ネットで調べただけでは決してわからない生の情報を得ることとができるんじゃないか、と思うんです。

単純に費用面で考えても、

普通の場合

1ヶ月(30日)の宿泊費:145,000円!

(内訳:1泊5000円×29泊30日=145,000円)

 

コリビングサービスの場合

1ヶ月(30日)の宿泊費:40,000円

もちろん地方間の交通費は必要になりますが、それを考えてもとにかく安いと思いませんか?

よくある移住の失敗理由が

【現地に行ってみればなんとかなると思っていた】でした。

そんなつまらない(失礼だぞ)理由で地方移住を失敗させてしまうよりは、まずはいろんな場所へ出かけて行って地元の人と交流してみたり、自分とその地域の相性があるのかを確かめてから移住してみても、決して遅くはないと思うんですよね。

海外ではコリビングサービスが人気

冒頭でWeWorkという人気コワーキングサービスに触れましたが、実はコリビングサービスも展開しているようです。その名もWeLive笑 まんまやないか、っていうね笑

その他にも様々な企業がコリビングサービスをスタートさせていますね。

例えばこのOpendoorはアメリカ中に様々な、そして最高にオシャレな住居を確保しており、写真を眺めているだけでウットリしてしまいます・・・笑

こちらはカリフォルニア州はバークレーにあるThe Farmhouse。いかにもアメリカンな、古き良きスタイルが最高にヒップ!

バークレーにあるシェアハウス
アメリカの地方移住はオシャレ

・・・ここまでオシャレじゃ有りませんが、日本の地方にだって素敵な魅力がありますよ。

とりあえず移住!というよりは、まずは試しに1週間だけステイ!でもしてみませんか?

今すぐ試せるコリビングサービス

「今すぐ試したい!」「他にコリビングサービスはないの?」という方のために。

この2つのコリビングサービスはすでに稼働してるみたいですよ!

HOSTEL LIFE

hostellife

費用は3万円からで、ホステルパスと呼ばれるパスを購入して滞在・宿泊するイメージのようですね。北海道から離島まで、結構広い範囲に拠点があるようなので、「色々な場所を訪れて、自分に合う地方を見つけたい」という人にぴったりかと思います!

Half

half

5日単位でプランを選択できます。最短は5日からで、費用は16,000円から。サイトが外国語に対応しているところから見ると、より海外の人との交流も期待できそうな佇まいですね。

ものすごく拠点のオシャレさが際立っていますよね。素晴らしい。

そんな感じでお試しあれ!

色々とご紹介しましたが、どんどんこういったシェアリングサービスが普及すれば、いつかは地方に住む事に対して今よりもハードルを低くして考えられるようになるのかなあなんて思っています。

それじゃあ今回はここまで!しーゆー!