【地方のエンジニア】が稼ぐための具体的方法とは<2019年版>

地方のエンジニアの稼ぎ方

地方で楽に暮らしたい!・・・といつも考えています、ぽむんすたと申します。

今回は地方に住むエンジニアが、地方で稼ぐためにはどうすればいいのかを

「この記事を読んだら稼げた!」と言ってもらえるくらいに、具体的に紹介していこうと思います。

基本的には【エンジニアの置かれている状況】、【地方エンジニアのメリット】、【稼ぐまでの流れ】、【稼ぐための方法】という流れで説明していきますね。

エンジニアの置かれている状況

エンジニアなどの【IT人材】と呼ばれる人たちに対する求人は、年々盛り上がりを見せてきています。

引く手数多のIT人材

政府のデータを参考にするとわかりやすいかもしれませんね。こちらです。

IT人材が不足

IT人材不足は深刻化しており、

2017年で約17万人がすでに不足。

2030年には約59万人が不足する推計となる。

(参考:IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果/平成28年6月10日/商務情報政策局 情報処理振興課)

すでにかなりの数の人材が不足しており、今後もエンジニアを含めた人材不足は深刻化すると見られています。

つまり、エンジニアは売り手市場にあるということです。

注意点

いくら売り手市場にあるとはいえ、自分自身の仕事の質・スキルによって、仕事の取りやすさや就職のしやすさは左右されます。

いつの時代も大切なのは、あなたがどの程度のスキルを身につけているか、もしくは身につけていこうとするかにあります。

地方のエンジニアはスーパーマン扱い?

地方でエンジニアをして3年ほど経つ友人に聞くと、

友達のエンジニア

やたらみんなスーパーマン扱いしてくれて楽(笑)

とよく言っています。

すでに全国的にIT人材は不足していて、地方はその傾向がさらに顕著になるので、

地方でエンジニアをしているだけでもかなり重宝されるということだそうです。

都会で必要とされている基本的なスキルさえあれば、競合が少ないこともあり仕事が枯渇することはないと言えます。

地方エンジニアのメリット

都会でエンジニアの仕事をすれば、仕事に困ることもなく常に最先端の情報を得られるなどのメリットは確かにあります。

しかし、地方でエンジニアをすることのメリットもたくさんあったりします。

いくつか例をあげていきましょう。

仕事を受けれる会社が少ないのでわがままが効く

仕事を受注する場面

地方にはそもそもエンジニアの仕事を受けれる会社自体が少なく、また都会のように競合が大量にいる環境ではないので、

期日や内容などに関して、会社側がわがままを言っても通ることが多くあります。

エンジニア不足が深刻で引く手数多

地方では都会よりもエンジニア不足が深刻です。そのためエンジニアが必要な会社はこぞって人材を確保しようと動いています。

地方でエンジニアとしての就職をするなら、より良い条件の会社を選り好みして決めることができます。(絶対数は少ないですが)

フリーランスならさらにメリットも

ここまでは就職してエンジニアとして働くメリットを挙げてきましたが、

フリーランスエンジニアとして働く場合にはさらなるメリットがあります。

働く場所も時間もあなた次第

自由にノマドに働ける

フリーランスとして働く場合、働く場所も時間もあなた次第で決めることになります。

もちろんかなり忙しくなる場合もありますが、基本的にはあなたの働きたい場所・時間を決めることができます。

つまり、身体的にも精神的にも無理のない環境で働くことができるようになります。

さらに言えば、地方生活費が低く抑えられますので、経済面でも余裕が生まれやすいと言えます。

地方のエンジニアが稼ぐまでの流れ

ここからは、具体的に地方のエンジニアが安定して稼ぐまでの流れをまとめます。

お金の稼ぎ方

もちろん「初めからフリーランスとしてガシガシ稼ぐ!」という方もいるかとは思いますが、

ここでは「とにかく安定して、とにかくリスクを低くして稼ぎたい!」という方のための流れになります。

  • STEP.1
    地元の会社に就職する
    まずは地元の会社に就職することをオススメします。

    もちろん初めからフリーランスとして活動するのもアリですが、安定した収入=精神的な落ち着きです。

    また、働く中で地方のつながりという大切なものを得ることもできるので、一石二鳥の選択と言えます。

  • STEP.2
    就職しながら副業で稼ぐ
    安定した収入源を得て仕事にも慣れてきたら、個人として副業をはじめていきます。

    具体的にはクラウドソーシングを利用して収入の底上げを図るとともに、個人での仕事の進め方を学ぶことができます。

  • STEP.3
    つながりを作る
    仕事を進めていく中で、クライアントを自分に引き付けておく必要があります。

    いずれ独立することを視野に入れている場合は、この作業が非常に重要なポイントとなってきます。

  • STEP.4
    都会から仕事を受ける
    本格的に都会からの案件獲得に乗り出します。地方の仕事も限りはあるため、

    都会からの受注体制も整えておくことで、収入源を増やしリスクを減らしていきます。

  • STEP.5
    フリーランスとして独立する
    この段階までくれば、あとはフリーランスとして独立することも可能です。

    今までに得てきた地元のつながりやクラウドソーシングを通して得てきた自信、

    都会からの案件もあるため、比較的スムーズに独立まで進めていけると思います。

地方のエンジニアが稼ぐ方法とは

先ほどの流れに沿って、稼ぐ方法を一つ一つ詳しく説明していきたいと思います。

5つの具体的な稼ぎ方
  1. 地元の会社に就職する
  2. 就職しながら副業で稼ぐ
  3. つながりを作る
  4. 都会から仕事を受ける
  5. フリーランスとして独立する

それでは早速一つ一つ解説していきましょう。

1.地元の会社に就職する

まずは安定した収入を得るところからスタートしたいのであれば、地元の会社に就職するのが一番です。

そしてオススメは、できる限り大きい会社に就職すること。

なぜかと言えば、

ポイント
大きい会社は案件数が多い・つながりが多い・一定の安定を得れる

からです。

さらに、求人を探す上で重要なのが、とにかく【数】に当たることです。

10の仕事から1つより、1,000の仕事から1つを選ぶ方がいいことは間違いありません。

2.就職しながら副業で稼ぐ

安定した収入を得た後で、次にあなたがすべきことは【副業でも稼ぐ】ということです。

副業をすることで得られることはとてもたくさんあります。例えば

ポイント
  1. 収入の底上げ
  2. 個人での受注・仕事の進め方などの経験
  3. 個人でも稼げるという自信

だからこそ、なるべく早い段階で副業を始めることをオススメします。

具体的な副業というのは、【クラウドソーシングで稼ぐ】という方法です。

クラウドソーシングとは、

<strong>クラウドソーシングとは</strong>

発注者がネットを通じて受注者(エンジニアであるあなた)へ仕事を発注すること

です。

基本的にはまずいくつかのクラウドソーシングを仲介するサイトへ登録し、そこからあなたが受注したい仕事を選び、

一つずつ仕事をこなしていくことで、稼ぐことができます。

3.地方でつながりを作り仕事を受注する

地方で仕事をする上で重要なのが、【つながりを作る】ということです。

私も地方でフリーランスとして働いていますが、案件受注でかなりの確率を誇るのがこの【つながりからの紹介案件】です。

地方では全く知らない人に対する警戒心が少なからずあり、そのため「まずはあの人に聞いてみよう」と、

自分とつながりのある人へ仕事をふる傾向があります。

具体的には地方の説明会や勉強会・商工会議所への登録・活動などを通して、

少しずつ関係性を構築して受注につなげていくのが一般的です。(その他子供の学校の係や、消防団などもあります。)

4.都会から仕事を受ける

あなたがもしも都会ですでにエンジニアとして働いているのなら、都会から仕事を受けるチャンスです。

すでにクライアントとの信頼関係が築けていて、さらにはあなたの仕事がクライアントに満足してもらえていれば、

地方へ行ったとしても都会から仕事を受けることは可能です。

また、クラウドソーシングを通して都会の仕事を受けることもできます。

5.フリーランスとして独立する

地方でエンジニアが稼ぐための最終章が、この【フリーランスとして独立する】ことです。

地元の会社に就職することで、ある程度の安定した生活は手に入るかもしれませんが、

やはり収入面で考えれば独立した方が稼げる場合が多く、さらに自分で案件を選ぶこともできるため、

より自由な環境で働くことができます。

フリーランスで独立する方の多くは、先ほどお話してきた1〜4で得たつながりで仕事を得たり、

または様々な企業から案件を集めているエージェントへ登録し、そこから自分の希望する案件の報酬や内容、働き方などを選んで受注しています。

ちなみにですが、具体的にあなたが登録すべきエージェントはこのあたりです。

日本最大級!何はともあれ【PE-BANK】

1989年に設立され、今や日本最大級の利用者・案件数を誇るのがこの【PE-BANK】です。

ポイントをまとめると、

ポイント
  • 取引企業数:約1,000社
  • 案件数:約50,000件以上
  • 契約内容は全オープンで安心できる
  • 福利厚生、資格取得のバックアップまでサポート

地方に住むエンジニアならば、有無を言わさずまず登録すべきなくらい、

案件も多くて安心できるエージェントだと思います。

初めての人も安心!10年以上の信頼と実績の【エミリーエンジニア】

フリーランスになって初めての人が利用することが多いのが、この【エミリーエンジニア】です。

実はいろんな強みがあり、

ポイント
  • 10年以上の実績がある。
  • 利用者の4人に1人が初めてのフリーランス
  • 利用者の5人に1人が年収1000万円
  • AI、Web系サービスや業務系システム案件など案件多数!

特に、4人に1人が初めてのフリーランスということで、初めての人でも安心できる

充実したサポート体制が好評を得ているエージェントです。

まずはここに登録しておくべきでしょう。

登録者10,000人越え!High performer(ハイパフォーマー)

15年以上の実績と、登録者10,000人越えを誇るエージェントがこの【High Performer】です。

ポイントとしては、

ポイント
  • 上流ITエンジニア案件を厳選している
  • 業界最速水準の翌月15日支払い
  • 平均報酬額80万円以上

特にフリーランスエンジニアにとって嬉しいのが、翌月15日払いというところでしょうか。

この辺りもフリーランスに寄り添ってくれているサービスだと感じるところです。

技術者コンサルタントが強み!Futurizm(フューチャリズム)

このFuturizm(フューチャリズム)の特徴は、【サポートしてくれるコンサルタントも技術者】ということ。

よくあるなんちゃってコンサルではなく、同じ技術者としての目線であなたに一番合う案件を紹介してくれます。

直請けの高額報酬案件多数!Teck Clipsフリーランス

報酬にこだわるならこのTech Clipsフリーランスもオススメです。

このTech Clips フリーランスにはこれらの強みがあります。

ポイント
  • 案件は直請けの高額報酬案件のみ
  • 現役のエンジニアがコンサルタント
  • なんと新規案件の開拓までしてくれる

案件が全て直請けの高額報酬案件なので、報酬にこだわりたいあなたにはぴったりなエージェントです。

さらには現役のエンジニアがコンサルタントになってくれるので、その面でもかなり安心感があります。

終わりに

地方でエンジニアとして稼ぎたい!と思っても、

あなた

そんなの無理だよ!仕事のあてもないし・・・。

と思っていたりしませんでしたか?(実際、僕もそっちのタイプです笑)

でもこの記事を読んで、現実的にそこまで難しいことでもないと感じていただけましたか?

ノマドやフリーランサーとしての生き方がかなり有名になってきていますが、そこまではいかないにせよ、FaceTimeやSkypeなどの普及でリモートワークもいよいよ現実的になってきています。

もしかしたら今こそあなたが【そちら側】へ一歩踏み出すタイミングなのかもしれません。

そしてその一歩を踏み出す上での後押しになれたら、なんて思っています。

あなたのその一歩に幸あれ!ぽむんすたでした。

コメントを残す