地元の居酒屋ってなんでこんなに落ち着くんだろう

地元の居酒屋の画像

みんなはどう?

 

最近30歳を超えてきて、どんどんおしゃれなバーやクラブからは遠ざかり、畳の小上がりがあったりとかうまいホッケが出てきたりとかする、いわゆる

 

居酒屋。

 

が、最近しっくりきてる。どーも、ぽむんすたです。

 

いいよねー。いいよねー。

なんなら焼き鳥だって、しっかり肉がでかくて1串240円(税別)とか、なんかわけわかんないけどそんな高い焼き鳥屋じゃなくて、1本90円とかの安ーーーい焼き鳥の方が好き。(ちょっと焦げてるくらいでいい)

 

みんなは龍鳳とか知ってんのかなあ。小さい頃はスーパーの駐車場にあのタレの焦げた匂いがするたびに、母親にねだって焼き鳥を買ってもらってたなあ。(調べてみたら全国チェーンみたいね笑)

焼き鳥龍鳳の移動車の画像

https://www.ryuho.co.jp/index.html

 

マジで安いしマジでうまいしマジで早い。早いというか、買い物してる間に焼いといてもらったりするからめちゃくちゃ最高のタイミングで熱々のが食えたしねえ。ほんと最高。龍鳳最高。

 

ふー。あれ?なんの話してたっけ。

あーそうそう。居酒屋ね、地元の。

 

本題に戻ります

なんで地元の居酒屋ってあんなに落ち着くのかねえ。なんなら何回か行ってたらいつの間にか店員さんに顔覚えてもらっちゃったりしてね。

 

渋谷とか東京もそれはそれで、同じように店員さんに顔覚えてもらったりもしたし、でもだからと言って今地元の居酒屋で飲む酒ほどは美味しくもないし、落ち着かなかったかなあなんても思う。

 

じゃあなんでなんだろうな。

 

考えられる理由としては、まず危ない人がいる可能性があんまりないかなあ。うちの地元というか世代というか、落ち着いてる人が多い印象があってそんなに暴れてる人も首都圏とかに比べると少ないと思うなあ。

 

あとは地の物がおつまみで出てきたりなんかしたら、たまんないよね。地元料理とかその土地の日本酒なんかもオツですねえ。大して地元愛ない奴でも、「やっぱこれだよなあー」なんて言ってみたりして。

 

もちろん、地元に住んでる友達との触れ合いも楽しいよね。僕のように大学から東京に行っちゃって、高校卒業からほとんど地元の友達と会ってなかった人間としては、その間に何をしてたのかを会話とお酒とおつまみで(笑)埋めていく作業が楽しかったりします。

 

久しぶりに会う友達との会話は楽しくて、気がついたら2児のパパになってたり、自分で会社を興してたり、まあなんやかんや色々とある年齢層でもあるしね。

 

理想とのギャップ

・・・なんだか、自分が想像していた32歳はもっとキラキラと輝いていて、そこで生きている自分はもっとカッコよくて、楽しい生活が待ち受けているなんてことを漠然と思い描いていたんだけど、人生はそんな風に予定通りに進むわけもなく。

 

かと言って、今の自分の暮らしが全て気に入らないかと言われると、そうでもないと思う。かなあ。

 

落ち込んだりうちのめされたり、立ち上がれない時期があったり、見た目にも精神的にも好きじゃない自分が目の前に突っ立っていて、それでもそんな自分を蹴り飛ばせるほどの強さもどこかに行っちゃって・・・

 

でもそんな時期を経たからこそ(下手するとまだその真っ只中なのかもしれないけど)、人間的にも男としても成長した部分も確かにあって。全て思い通りなわけじゃないけど、予想もしなかったいいところもあったりとかね。

 

なんか、そんなとこもありますよね、人生ってやつは。

 

本当にいろんな人がいるし、いろんな考え方がある。

 

自分のために!っていう感じじゃあやる気が起きないけど、好きな人のために!とかっていう理由を与えられると遮二無二頑張れるやつもいるしね。(僕です)

 

振り返ってみると

なんというか、20代の頃には結構孔子・老子・荘子・韓非子から管仲、ゲーテとかリルケ、菜根譚から五輪書なんかを読み漁ってた時期もあって、なんというか人生を全て分かったつもりになってた自分もいたような思い出があります。

 

実際に30代に突入して、ちょっと早い気もするけど人生を振り返ってみると、なーーんも分かってなかったってことが分かったりしてね。(これが足るを知るってやつかな)

 

盛者必衰なんて言葉は、その時その瞬間しか感じれていない僕のような凡夫にはあまりにロングスパンすぎて実感できてないけど、32年生きてみると少しづつ理解できてきた気もしてる。

 

まさかSMAPが解散するなんて思ってなかったしね笑

 

まあジェットコースターだって上がるから下がるわけだし、山も谷があるから山な訳で。

 

今この瞬間が辛いから嫌だなとか、その期間がちょっと長いだけでものすごく落ち込んだりしてたけど、今ではその時期さえ乗り越えられれば、さらにはその間にサボらないで前を向いて力を蓄えてたら、きっとそのあとはいいことが起きる!と思えるようになれました。・・・いや、そうなれてきている途中かも。

 

美輪明宏さんも言ってたけど、この世は基本プラスマイナス0になってるらしいね。そういうことが少しずつ腹落ちしてきてるのも、この歳になったからなのかなあなんて思ってもいます。

 

・・・なんだかどんどん今回の記事のタイトルから離れていく気がするけど、まあ今言いたいことが言えたからいいかな。

 

生きるって(最近)楽しい!

今日はそんな感じでーす!

 

シーユー!

 

1 Comment

現在コメントは受け付けておりません。