彼女とゲームして遊ぶならOVER COOKED(オーバークック)が最高な話

overcooked(オーバークック)の画像

ぽむんすたには彼女がいます。

年でいうと二個下だから、、30歳。

今まで数人の女性とお付き合いしてきたんだけど、彼女は今までになく相性がいいんです。
挙げればきりがない(若干のろけてるな。)けど、特筆すべき点はそう。

一緒にゲームして遊んでくれる!とこ!!!

。。。まあ。。ね。
わかるよ。そんなに大したことじゃないのにでかい声で言うなってね。

でも少なからずゲームが好きな男諸君なら、このポイントはでかい!って共感してもらえるんじゃないかってね。
そう思うわけですよ。

 

さらに言えば、今僕は東北地方の地方都市に住んでて、遊ぶところといえばイオンか駅前か、それともゲーセンかくらいしかありません。ビバ田舎。

そんなやることもない陸の孤島で非常に重要となってくるのが、はい。ゲームなんです

 

っと言うことで、彼女と遊ぶならこれ!というゲームを紹介したいと思います。

 

OVER COOKED(オーバークック)とはなんぞや

はい、オーバークックとはNintendo Switchのダウンロードソフトです。

どんなゲームかって言うと、最大4人で料理を作るっと言うゲームです。

こんな感じの可愛い世界観です。僕はいっつもこの丸っこいワニのキャラでプレイしてます。

ちなみに現実世界でも”ぽむん”とぽっちゃりしてることから、ぽむんすたと自らを命名しました。

 

そもそも自分は大体今まで一人で遊ぶことが多くて、「FAR CRY3」とか「BIO HAZARD」とかを

ちまちまとやり込んでるタイプの人でした。

 

と言ってもゲーマーと呼ぶほど熱中もしてなくて、それでも新しいゲーム機が出るとそれはもう鬼のおねだりで

父ちゃん母ちゃんに毎回買ってもらっていました。

(注:現在は32歳となり、おねだりはしなくなりました。やったね!)

 

ファミコンに始まりスーファミ、64、ドリームキャスト(!)、ゲームキューブ(?!)、プレステ1、2、3。

まあメジャーどこのゲーム機は大体持ってました。

 

プレイするときもせいぜい友達と一緒にスマブラでバトって、カービイに鬼ハメされては現実世界で気まずくなるくらい(わかるよね?あれだよあのコンボ)の一般的なにわかゲーマーだったなあ。

 

それがまさか彼女と共にゲームを楽しむことになろうとは、、、

自分の伸びしろに身震いしました。(遠い目)

 

あ、話戻さなきゃ!

 

そんなこんなで、料理を一緒に作るって言う単純なゲームです。

 

ステージはこんな感じで、

 

トマトを包丁で切りまくっては鍋にぶっこみ、コンロに鍋をかけるもほったらかしてたらいつの間にか火事になり。わあーーーーーー!

 

キッチンが地割れと共に浮き上がったり(え?)

 

時にはキッチンと共に宇宙に飛び立ったり。。。(え??)

まあ。。。そんな感じですよ。

 

何が面白いのか

料理って、楽しい!

その一言に尽きるゲームです。

 

まず料理の種類が多い

タコスとかピザとか、スープとかハンバーガーとかフィッシュ&チップスまで。

だんだんプレイしながらお腹が減りそうなゲームです。はい。

 

注意点
プレイしてるとお腹が空くから、必ずポテトチップとサイダーを用意してからプレイしようね!

 

そんでもってやることが多い

材料を箱から取り出して、包丁で材料を切る。

そしたらフライパンやら鍋やらフライヤーやらを駆使して仕上げにかかる。

出来上がったら皿に盛り付けて提供。

 

なんと皿洗いまでできる!(めんどい)

 

制限時間はある上にとにかくやることが多いもんで、一人から四人でドタバタしながら楽しめます。

 

さらにはステージが動いたり、ネズミが食材持ってっちゃったり、と思いきやネズミをぶん殴って取り返したり。

なんでやねん。

 

そんなありえないようなギミックがそこかしこに詰め込まれていて、それはそれはめちゃ面白い!

「料理するだけでしょ」の一言じゃ決して片付けられない”深み”が、このゲームにはあるのだ。

 

彼女とプレイする時の注意点

これすごいポイントなんだけど、彼女とこのゲームやるとおそらくほぼ100%

 

彼女と喧嘩します。

 

まあ。。。間違いなくね。うん。間違いない。(4−5回経験済み)

 

理由は、

このゲームは「段取りこそが正義」だから。

 

例えばハンバーグをいっぱい作らなきゃいけないのに、オーダーを無視して関係ない材料ばかり切られてたり、

皿洗わなきゃ料理提供できないのに、無視して肉ばっかり焼いてたり。とかね。そりゃあ

 

うおおい!皿洗わねえとお料理が提供できねえだろお!

(かわいい)

 

でも、そんな困難を乗り越えていくたび、僕らの絆はより深まっていったんだ。(どうした)

 

まあそんなこんなでこのゲームが飽きない理由は、一つ一つのステージで、「どうすればもっと効率的に料理が作れるのか」「自分が得意なところ、相手が得意なとこをはどこか」「作業を分担するならどちらがこの作業をすべきか」を、話し合いながらプレイできると言う楽しみがあると言うところかと思います。

 

喧嘩したって、クリアできたときの喜びを二人で分かち合えればすぐ仲直りできるしね!(人による)

ゲームの難易度

ぽむんすたの彼女はほぼゲーム未体験でしたが、操作も「歩く」「走る」「切る」「持つ」ぐらいしかないので、1時間もプレイしたらすぐに慣れました。

 

星五つで評価するとすれば、難易度は

★★☆☆☆(星2つ)

くらいですかね!

 

とにかく簡単で、初心者でもすぐに慣れるってところが彼女と一緒にプレイするのにオススメの理由でもあります。

しかもお値段はたったの

 

2,150円!!!安ぅい!!!

こりゃあもう買うしかないね。うんそうだそうだ。

 

ちなみにこのOVER COOKED(オーバークック)には続編の2があって、1をすでに全クリ(懐かしいなこの言い方。しみじみ)した僕らは、2の新たな世界へと旅立っております。

 

またそいつも紹介したいなあ。

 

まあ今日はこんなとこで!

シーユー!

5 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です