【究極のコスパ】Bluetoothスピーカーの決定版をおすすめする【2019年最新】

bluetoothスピーカーの決定版

ぽむんすた

Bluetoothスピーカーって色々ありすぎて選べないなあ。

この記事では、そんなあなたの悩みを完璧に解決できる、究極におすすめなBluetoothスピーカーをご紹介します。

ストリートダンスが好き(ダンス歴10年以上)で、今まで少なくとも15個以上はいろんなスピーカーを試してきた経験からのおすすめなので、

そこらへんの「おすすめスピーカーはこれ!」のような話よりは、説得力はあると思います。

音質、質感、見た目、電池の持ち、音量、値段、Bluetoothの繋がりやすさなど、思いつく判断要素を全て網羅してご紹介していきます。

究極のBluetoothスピーカーとは

その名も【Anker SoundCore ポータブルスピーカー】と言います。

スピーカー Anker SoundCore ポータブル 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】ブラック・レッド・ブルー

created by Rinker

まずは基本的なスペック(公式)をご紹介しますね。

  • 高評価:Amazonランキング大賞2016・2017の「オーディオ機器 ポータブルスピーカー」部門で1位
  • 高音質:デュアルドライバー、螺旋状バスポートによる高音質ステレオ
  • 低価格:3,999円
  • 超寿命:24時間 / 500曲の長時間連続再生が可能。(リチウムイオンバッテリー・業界最先端の省電力技術)
  • Bluetooth:Bluetooth4.2を搭載し20m以内なら接続機器と繋がる。最後に使用した機器を記憶し、自動で再接続。マイク内蔵でハンズフリー通話も可能。
  • 見た目:無駄を削ぎ落とした長方形型で、全体的にマットな質感で肌触りも良好。
  • 持ち運びに便利:500mlペットボトルより小さく、缶ジュース1本程度の重さ。

スピーカー Anker SoundCore ポータブル 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】ブラック・レッド・ブルー

created by Rinker

早速一つ一つ見ていくとしましょう。

音質はどう?

実際に聞いてみると低音(バス)もしっかりきいていて、洋楽を聴くことの多い僕にとっては合格点です。

値段の割に音質がいい

中・高音域もしっかり味わえるし、Amazonなら4,000円を切る3,999円という低価格で手に入れられるスピーカーとしては、最高峰のコスパを誇るスピーカーと言えるでしょう。

とはいえ、BOSEやJBLの2〜3万円台のスピーカーと比較すれば音質はもちろん落ちます。そこはきちんとお伝えしておきます。

しかし同時に、それを補って余りあるほどのコスパの良さがあるのも事実。

もし僕がBOSEのスピーカーとSoundcoreのどちらを買うかと考えたら、少しの迷いもなく4,000円のSoundcoreを買って、残りのお金でヘッドフォンとモバイルバッテリーとスマホ用無線充電機を買います。

「音には相当こだわってて、一切の妥協は許さないよ」という方以外であれば、僕はSoundcore一択で問題ないと思います。

さて話を戻します。音量的にはさすがに最高音量にすると壮大に音が割れますが、8割くらいでも結構綺麗な音質で聴くことができます。

実家の12畳のリビングで試しに8割の音量でどのくらい響くかを試しましたが、母親に「うるさい!静かにして!!」と激怒されるくらいの音量があります。(お母さんごめんなさい)

これくらいの音量があれば、BBQや屋外での食事でも音が聞こえないということは皆無です。

実際に8人くらいでBBQをした際にこのスピーカーでSportifyのマイプレイリストを流しっぱなしにしましたが、しっかりいい音で再生してくれました。

スピーカー Anker SoundCore ポータブル 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】ブラック・レッド・ブルー

created by Rinker

電池はもつ?

公式データでは、リチウムイオンバッテリーを使用しており、なんと驚異の24時間再生が可能とのこと。曲数で言えば500曲の再生が可能だそうです。

さすがに僕も24時間音楽をかけっぱなしにした経験はありませんが、4−5時間かけっぱなしにしても電池が減ったのは2割以下ほどだった時には驚きました。

そして電池に関して一番驚いたのが、長期間使用しないで置いておいた後、久々に使用した時でもほとんど電池が減っていなかった点です。

ほとんどのスピーカーは完全に充電していた場合でも、1ヶ月も使用していなければほとんどが自然に放電してしまい電池切れになってしまうんですが、

このスピーカーはほとんど電池が減っていませんでした。ここは自分的にとても重要で、いざ使いたいと思う時に限って放電していて電池がなくなっていたことがよくあったので、

この電池の持ちには本当に心から驚くと同時に、このAnkerというメーカーのクオリティの高さに尊敬の念まで抱いてしまいました笑

スピーカー Anker SoundCore ポータブル 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】ブラック・レッド・ブルー

created by Rinker

Bluetoothは繋がる?

このスピーカーにはBluetooth4.2が搭載されています。

最新のBluetoothは5.0なのですが、このスピーカーはそのひと世代前のBluetoothになります。

この5.0と4.2のもっとも大きな違いは、通信範囲の差にあります。

4.2は半径20m以内であれば通信ができたものが、5.0ではなんと半径100m以内であれば、スピーカーとスマホが繋がるということです。

その点についてはBluetooth5.0の最新機種には劣るのですが、野外でBBQをするにしてもホームパーティーをするにしても、スピーカーから20m以上も離れることって実際ほとんどありません。

(自分がBBQやホームパーティーで、このスピーカーを使用した体験に基づいてお話ししてます。)

なので、確かに最新のBluetoothではないにせよ、実際に使用する上で「不便だなー。」と感じた時は一度もありませんでした。

もちろん一度スマホとスピーカーを接続してしまえば、次回以降は自動で再接続してくれますので、その点もおすすめなところと言えます。

スピーカー Anker SoundCore ポータブル 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】ブラック・レッド・ブルー

created by Rinker

持ち運びはできるの?

できます。

公式データでは、このスピーカーの大きさは縦:4.5cm、横:16.5cm、高さ:5.4cmです。

簡単にいうと、500mlのペットボトルより細くて短いくらいの大きさです。そして重さは365gなので350mlの缶ジュースくらいの重さです。

大きさも程よいsoundcoreのスピーカー

なので、ポケットに入れて持ち歩くこともできるくらいスリムですし、常にバッグに入れておいてもなんの負担も感じないくらいに軽いのです。

荷物がかさばりがちなBBQや野外の使用はもちろん、ダンサーの皆さんなら練習着の他に大きなラジカセを持ち歩く必要すらなくなるのです。

とにかく小さくて軽くてそれでいてパワフルな音が楽しめるのが、このスピーカーが僕のおすすめである理由なんです。

スピーカー Anker SoundCore ポータブル 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】ブラック・レッド・ブルー

created by Rinker

口コミ・評価はどう?

一言で言えば、絶賛の嵐状態です。(笑)

まずはAmazonの評価をご覧ください。

amazonでの評価

はい。ご覧の通り3,500を超えるレビューながら、かなりの高評価となる4.4つ星を獲得するほどの超優良スピーカーということがわかります。

その結果として、

Amazonランキング大賞2016・2017の「オーディオ機器 ポータブルスピーカー」部門で1位

という恐るべき快挙まで成し遂げています。

このスピーカーに対する僕のレビューを信じなくとも、これだけのレビューがありながらも4.4つ星という実績を見えば、いかに素晴らしいスピーカーであるかということはわかっていただけるんじゃないでしょうか。

スピーカー Anker SoundCore ポータブル 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】ブラック・レッド・ブルー

created by Rinker

結論

ガジェット好きな人

Blootoothスピーカーを買うために2万円は用意した!

という方、悪いことは言わないからSoundcoreがおすすめです。

スピーカー Anker SoundCore ポータブル 24時間連続再生可能【デュアルドライバー / ワイヤレススピーカー / 内蔵マイク搭載】ブラック・レッド・ブルー

created by Rinker

そして余ったお金で美味しい焼肉に行っても良し。一緒にヘッドフォンとモバイルバッテリーとスニーカーを買っても良し。

お金は有効に使いましょう!

それではまた!

しーゆー!

コメントを残す