【意外とカンタン】地方でも英語の仕事が見つかる<5つの方法>

英語の仕事が見つかる方法

「私、英語が話せます!」「英文の翻訳できます!」という素晴らしい英語スキルをお持ちのあなたでも、

地方では英語の仕事が見つからずに、困っていませんか?

この記事にはあなたに「これを読んだら仕事を見つけられた!」と言ってもらえるように、

地方でも英語の仕事を見つけられる方法を、私の経験から考えられる限り詰め込みました。

私は一時期、地方の英会話教室でマネージャーを勤めた経験があり、実際にあなたのような方と働く機会があり、

英語スキルを持つ人でも地方ではまだまだ活躍しづらい状況にあることを、肌で感じていました。

地方じゃ英語の仕事なんかないよな」と諦めてしまう前に、騙されたと思ってこの記事を読んでみてください。

きっとこれからのあなたの、役にたつと思います。

ぽむんすた

本気で書きました!

意外とある、地方での英語の仕事の見つけ方

あなたが地方に住んでいるとして、地方で英語の仕事を見つけるためにはどうすればいいのか、一覧にまとめてみました。

こちらです。

地方の仕事の見つけ方
  1. 英会話教室から仕事をもらう
  2. クラウドソーシングで仕事を見つける
  3. 個人の英会話レッスン(オンライン)を開く
  4. 企業と直で契約を結ぶ
  5. 地方自治体から仕事を受ける

ピン!ときたものはありますか?早速一つ一つご紹介しますね。

1.英会話教室から仕事をもらう

英会話教室から仕事をもらう

僕が実際に英会話教室でマネージャーとして働いていた頃、

実際に英語のスキルが高い人にいくつかの仕事を依頼していました。

具体的にはこんな仕事です。

英会話教室からの仕事
  • 外資系企業(工場)の翻訳の仕事
  • 外資系企業の通訳の仕事
  • 地方自治体の翻訳の仕事
  • 地方自治体のナレーターの仕事
  • 英会話教室の代理講師の仕事

どの仕事も、あなた一人で取ってこようとするとなかなかの労力が必要となりますが、

英会話教室から仕事をもらうことができれば、大した労力も必要ありませんし、

あなたの仕事ぶりが気に入ってもらえれば、継続して仕事を得ることも可能です。

仕事をもらうためのポイント

では英会話教室から仕事をもらうためには、どんなポイントがあるのかというと、

私が務めていた英会話教室ではこんな人に仕事を依頼していました。

依頼した人
  • 社長やスタッフの知り合い
  • 生徒さん(元生徒さん含む)
  • 生徒さんの知り合い・友人

これを一言でまとめると、英会話教室との【つながり】があるかどうかで、

仕事をもらえるかどうかが決まる、ということになりますね。

ぽむんすた

つながり、マジで大事!

あなたがすべきこと

英会話教室から仕事をもらうために、あなたがすべきことが2つあります。

これです。

2つのポイント
  1. 英会話教室に通う
  2. 英会話教室の業務内容を調べる

【1.英会話教室に通う】のはなぜかというと、単純に【つながり】を作るためです。

大事なのは、仕事を持っている人(英会話教室)に、英語スキルがある人(あなた)の存在を認めさせることです。

特にイベントなどには英会話教室の経営者が来ることがほとんどですので、積極的に顔を出すことをオススメします。

【2.英会話教室の業務内容を調べる】のはなぜかというと、シンプルに【仕事があるかどうかが大切】だからです。

たとえ話ですが、A・Bの英会話教室があるとします。

Aは小さな英会話教室で、調べてみてもただ子供達に英語を教えて終わり。

Bは大きな英会話教室で、様々な企業に講師を派遣したり翻訳の仕事を受けたりしている。

あなたがつながりを作るべき英会話教室は、Bです。

早速調べて、Bの英会話教室に通いましょう。

ぽむんすた

早くしないと他の人に仕事取られちゃうぞ!

2.クラウドソーシングで仕事を見つける

クラウドソーシングで仕事

クラウドソーシングって、ご存知ですか?

簡単にいうと、ネット上で【仕事を発注したい人】と【あなた】を繋いでくれるサービスのことです。

今やネットで仕事ができる時代です。翻訳や通訳、ナレーションなど様々な仕事がネット上で見つけられます。

ではネット上で英語の仕事を受けるためにはどうすればいいのでしょうか。実はたったこれだけです。

ネットで仕事探し
  1. クラウドソーシングのサイトに登録する
  2. 仕事を探す
  3. 仕事を見つける
  4. 受注。

どうですか?ものすごく簡単ですよね。

ではあなたが登録すべきオススメのクラウドソーシングサイトをご紹介します。

翻訳特化型:アメリア

あなたが翻訳を得意とされているんだとしたら、このサイトに登録しない理由はありません。

こちらのアメリアは【翻訳して欲しい人】と【翻訳したい(仕事が欲しい)人】をつなぐ、

翻訳者ネットワークサイトです。

つまりあなたがこのサイトに登録すれば、常時300件ほどある案件から仕事を選び、

翻訳のお仕事を受けることができる、というわけです。ポイントもまとめておきます。

ポイント
  • 運営会社は30年の歴史を持つ老舗だから安心。
  • 8割以上が英語の翻訳のお仕事
  • 年間1,000件を超えるほどのマッチング

ここでなら、あなたも安心して翻訳のお仕事を受けることができます。

ただ一点、入会金(5,000円)と年会費(15,000円)が必要となりますが、

仕事の種類も、高単価な仕事も豊富なので、すぐにペイできる程度の初期投資です。

しかも8/22までお試し会員登録をすれば、入会金無料のキャンペーン中。オススメ。

ぽむんすた

まずは登録だけでもしてみたら?

3.個人で英会話レッスン(オンライン)を開く

自分で英会話教室

一番かんたんで、なおかつ始めやすい仕事が英会話レッスンだと思います。

でも地方では生徒さんを探すのも一苦労ですよね。(人口も少ないし・・・苦笑)

しかし、今はネット上で生徒さんを探し、さらにネット上で個人レッスンまでできてしまう便利なサービスもあります。

いくつかあるので、試しに登録してみることを強くオススメします。

ぽむんすた

初期投資も0円でOKだよ!

オンライン英語教師になれる:ミーミルオンライン

一言で言えば、

登録するだけで、オンライン上で生徒探し・レッスンができる」サービスです。

登録しさえすれば、あとは全国の生徒に対してあなたが英語のレッスンをすることができます。

ポイントはこんなところです。

ポイント
  • 24時間365日、好きな時にレッスンできる
  • どこにいてもレッスンができる(テレビ電話)
  • レッスン料は自分で設定できる
  • 面接や採用試験はなし
  • 得意分野だけのレッスンもOK
  • テレビ電話でレッスンするから移動も不要

こうやってポイントをまとめただけでも、かなり良さそうですよね。

しかも登録費用は無料だし、とりあえずで登録しておいてもOKです。

一応、収入を得るまでの流れをまとめておきます(かなりカンタンなので要らないかもですが。)

収入を得るまで
  1. まずは登録(無料)
  2. あなたが教えられることや、時間帯などを登録する。
  3. 英語を教えてほしい生徒が、あなたの英語レッスンを受ける。
  4. 報酬がもらえる

副業としても優秀な気がしてますので、収入がほしい人はとりあえず登録しておきましょう。

こちらからサイトへ移れます。

あなたの時間が売れる?:タイムチケット

このサービスは、一言で言えば

あなたのスキルをチケットとして売る」と言うものです。

例えば、こんな感じでチケットを作って販売できます。

チケット例
  • 「誰でもわかる基本的文法レッスン」:30分で3,000円
  • 「なんでも翻訳します!」:30分で5,000円
  • 「超!実践的ビジネス英語のレッスン」:30分で8,000円

このように、あなた側で提供できるサービスを30分単位のタイムチケットとして販売し、

それに興味を持った人が購入することで、お金がもらえると言う仕組みです。

ちなみにポイントはこんなところ。

ポイント
  • 登録は安心の完全無料(チケットが売れたら初めて手数料)
  • 好きな時間帯に仕事ができる
  • どこでも仕事ができる
  • 会員数15万人の人気サービス

できるかどうか、不安になって何もしないこともあるとは思いますが、

まずはチケットだけ作って、買ってくれたらラッキー!くらいの気軽さではじめてみても、いいんじゃないでしょうか。

ミニ英会話教室が開ける!:スキルクラウド

イメージ的には先ほどのタイムチケットと同じように、

あなたの英語スキルを売る」と言うスタイルのものなのですが、

こちらは時間単位ではなく、サービス一つに対していくらと言う価格設定になります。

例えば

  • 「誰でもわかる基本的文法レッスン」:1日で15,000円
  • 「なんでも翻訳します!」:3日で50,000円
  • 「超!実践的ビジネス英語のレッスン」:2日で18,000円

といった形です。

このスキルクラウドが面白いのが、3つのサービス提供方法があること。

提供方法
  1. メールで提供(メールで英語のレッスン)
  2. 対面して提供(実際に会って、個人レッスン)
  3. 教室形式で提供(?)

面白いのが3.教室形式で提供と言う方法。

例えばあなたが「誰でもわかる基本的文法レッスン」を複数人に対して開きたい場合、

公民館やレンタルルームなどを借りて、10人ほど集めてレッスンすることもできてしまうのです。

つまり、自分でミニ英会話教室をオープンさせることもできる、と言うわけなんです。

あなたが誰かのメンターになれる:MENTA

メンターって言葉、ご存知ですか?

メンターとは人生における指導者や助言者を意味しています。

このMENTAと言うサイトは、メンターを必要としている人とメンターになれる人を、ネット上で繋げてくれるサービスです。

具体的にはこんな感じで収入につながります。

収入を得るまで
  1. まずは登録(無料)
  2. あなたがメンターとして提供できること(英語)を、登録する。
  3. メンターを必要とする人が、あなたの英語レッスンを受ける。
  4. 報酬がもらえる

まだまだこのサービスに登録しているメンター(英語関連)は少ないので、

今登録しておけば収入につながる確率も高めです。早めに登録だけでもしておきましょう。

公式サイト

MENTA

ぽむんすた

とりあえずは登録だけして、雰囲気つかもう!

4.企業と直で契約を結ぶ

企業から契約をもらう

正直、一番確実かつ安定しているのが、企業と直で契約を結ぶことです。

最近では地方でも企業のグローバル化は進んでいるので、

外資系だと「本社(海外)から新しい機械の説明書が届いたんだけど、英語だから翻訳してほしい」とか、

本社(海外)から偉い人(外人)が視察に来るから、通訳してほしい」とか、

実際に僕が働いていた英会話教室では、結構な頻度で英語関係の仕事が舞い込んできてました。

とは言え

あなたがいきなり企業を訪ねて行って、「仕事ください!わたし英語話せます!」

と言ったところで、「この人誰?」「英語どこまで話せるの?」と、不審がられて終わりです。

やっぱりまずは【つながり】や【実績】を作ることが先決なので、そう考えると見込みのある英会話教室などで

【つながり】を作って、徐々に自分の魅力を相手に感じてもらった後で、

直で仕事をもらうという流れが、一番カンタンで自然だと思います。

ぽむんすた

何はともあれ、つながり大事!

5.地方自治体から仕事を受ける

地方自治体から仕事をもらう

これも4.企業と直で契約を結ぶと被るんですが、やはりまずは【つながり】と【実績】がものをいいます。

英語スキルを持つ人材不足は、地方自治体とて例外ではないので、仕事自体は結構あります。

例えばこんな仕事。

地方自治体の仕事
  • 新しい施設を海外の人に紹介するための、ナレーション
  • 地方の魅力を海外に紹介するための文章の、翻訳
  • 地方を訪れた外国人のための、通訳

などなど。

いずれにしても、【つながり】と【実績】なしには仕事をもらえるはずもないので、

とにかくはじめは英語にまつわる場所や人に触れて、あなたと言う英語スキルを持つ人材がいることを、

周りの人たちに認識してもらうところからはじめていきましょう。

ぽむんすた

焦りは禁物!

終わりに

結構長くなってしまいましたが、改めて自分でこの記事を読んでみて、

これを本当にやれば、地方でも絶対仕事は見つかるよな」と、自分でも納得してしまいました。

自分の経験をもとに書いたので、結構再現率は高いと思いますよ。

「地方だから、英語の仕事なんてないよ」と諦めてしまう前に、とりあえず一つでもはじめてみましょう。

行動の先にしか結果はないので、まずは一つ!応援してますよ。

ぽむんすた

地方でも英語の仕事は見つかるよ!

コメントを残す